FC2ブログ

イカリ草

イカリ草

昔 むかし 渓流釣りが 趣味だった頃のことを
思い出してしまうのが このイカリ草です

釣りは好きだったとは言いますが 
釣果は 誰よりも 思わしくなく

家へのお土産だったのは
タラの芽 だったり 蕗の薹だったり ワラビだったりでした

この花も そんなときの お土産です
移した 庭の場所がよかったのか もともと強い花なのか

いつの間にか
今年もピンク色の 花咲いていた。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

夫の釣りも同じでしたよ。
たとえ釣れたとしても、食べる人がいないこともあって放してくるから、お土産はタラの芽、ワラビ、木苺などなど。

園芸店で買ったものだけれど、我が家もイカリソウが咲き始めました。

Re: No title

わすれ草さんへ

> 夫の釣りも同じでしたよ。
> たとえ釣れたとしても、食べる人がいないこともあって放してくるから、お土産はタラの芽、ワラビ、木苺などなど。
>
  釣れなくても 釣りは楽しい
  釣れれば もっと楽しい   
  たぶん私と同じ思いだったのではと 思ってしまいました。

No title

お早うございます。

私の夫、と云ってももう25年も前のことですが、海釣りの前は、短い竿を持って沢を渡り歩いて山女を釣ってきました。

何十匹も釣って来るので、腸をを出してきれいにするのがわたしの仕事でした。小分けにして冷凍をしておくのですが、今思い出すと、健康だったなーと思います。

山野草には関心がない夫でした。
イカリ草! 私にとっては住んでいた庭に大きく群れて咲く思い出深い草花で懐かしいです。

わすれ草さんとまた出会いましたね。

Re: No title

pirokoさんへ
 いつもコメントありがとうございます。
>
> わすれ草さんとまた出会いましたね。

△▽△ 思い出に共通な 渓流釣りとイカリ草で 繋がってくれました 嬉しく思います
    渓流釣りで釣果を上げるには 思いのままに一人で川を行くのが いいのでしょうが
    私は それはにがてで いつも複数人で出かけていました
    本州の小さな渓流では 先頭を譲りっこしながらです
    それが 思いやりに繋がって 互いに成長してた気がしています。

プロフィール

 nasu_to_mato

Author: nasu_to_mato
.
仕事がなくなると  どっか 空っぽの部分が出来てしまう  その からっぽ部分に脂肪が
まとわり  つく..... 

家族用の 野菜作りやり始めました 野菜の自主性に任せ 耕したり 肥料をやったり 草をとったりせず そして
【 種さえまかず 】が【 夢 】ですが

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
fc2カウンター
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR