ほうれん草

ほうれん草

ビニールハウスが 出来上がったので
さっそく ほうれん草の種を蒔きました

種蒔きは 2/27 日ごろだったので
それから 2週間ほどになる

葉っぱの先に
赤い種の殻をつけたまま 伸びてきた

無施水ですから
表面はカラカラの乾燥した土ですが
5cmも 掘ってやると 湿り気がある

無肥料 無防除 無耕起 のたんじゅん農 なのですが
ハウスで 雨水が かからないようにしたので

無施水が 加わった
何もそこまでしなくとも   などと思ったが  やらずにはいられない  


こんな環境でも 
育って育って 育って くれますように!!!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

やっぱり、土がいいのですね。
私の畑で、ほうれん草が上手くできた試しが有りません。
菜園始めた年にホウレンソウ植えましたが。。。。
ゴボウの根のようにほうれん草の根が伸びていたのにはびっくりしました。
その時、この畑は水分が足りないと思いました。
今も畑にホウレンソウ植わっていますが、一向に大きくなりません。
何が原因なのでしょう?

無施水

>無施水が 加わった
 何もそこまでしなくとも   などと思ったが  やらずにはいられない 

〇これは冒険ですね!
 草々 

Re: No title

> こんばんは。
>
> やっぱり、土がいいのですね。
> 私の畑で、ほうれん草が上手くできた試しが有りません。
> 菜園始めた年にホウレンソウ植えましたが。。。。
> ゴボウの根のようにほうれん草の根が伸びていたのにはびっくりしました。
> その時、この畑は水分が足りないと思いました。
> 今も畑にホウレンソウ植わっていますが、一向に大きくなりません。
> 何が原因なのでしょう?


土がよければ 作物は勝手に育つものです
多種多様な菌(よい菌悪い菌好気性の菌嫌気性菌等々)が居れば よい土です
そのためには 耕さないこと 
耕せば(表面の好気性菌は土の下に入り死んで住まいます)
土の下の嫌気性菌は 表面に来れば 酸素があって死んでしまいます。
農薬や 化学肥料や 有機肥料は 菌の大敵です

菌の餌は炭素資材そのものです
剪定枝のチップだったり 野菜の残渣そのものです
(発酵分解させて肥料にすれば菌のえさではなくなってしまいます 菌にとってはカスです)

また 菌と野菜は 共生して生きています 
植物が 常になんかしら育っているのが理想です。

土を良くする最初は
水はけを良くすること
溝を掘ったり ソルゴーなどの緑肥作物を作ったり
鶏糞 牛糞を多量に入れて 土を汚し 菌の種類を増やしたり
そして
太陽熱処理をして 土をリセットする

4年ほどやった経験から そんなようなことかな と思っております。

技術的に難しいことでは ありませんが
草が生えないのに 野菜が育つはずが無いとか
虫が野菜を食べないから 無農薬なのです 無農薬が目的なのではありません
未熟者ですが そんな野菜を 目標にやっています
しかし
そんなことで 野菜はできるはずが無い と の固定観念があって
ほとんどの方は できないのが現実です。

Re: 無施水

ささげさんへ

> >無施水が 加わった
>  何もそこまでしなくとも   などと思ったが  やらずにはいられない 
>
> 〇これは冒険ですね!

野菜栽培の 知識や経験や ましてや成功体験も無かったので
無肥料 無防除 無耕起 のたんじゅん農も なんなく受け入れられたのだと思います
無施水は ブラジルのサンパウロ近郊の農園で たんじゅん農をやっておられる畑ですが 雨季2ヶ月あまり、乾季が10ヶ月あまり続く気候で 乾季時お隣の畑では 毎日水やりされているのに まったく水やり無しで なんなく栽培できている 実態を動画で見たことがあるので ハウスを作ったのを機会にやってみる事にしました。
日本でも 茨城県の笠間で2~3町歩ほど たんじゅん農で 経営されている Kamos農場では 無施水を実践されておられます。
ただし 
土の硬盤層が無い事(なくなっている事)が 最低条件だと思いますが

プロフィール

 nasu_to_mato

Author: nasu_to_mato
.
仕事がなくなると  どっか 空っぽの部分が出来てしまう  その からっぽ部分に脂肪が
まとわり  つく..... 

家族用の 野菜作りやり始めました 野菜の自主性に任せ 耕したり 肥料をやったり 草をとったりせず そして
【 種さえまかず 】が【 夢 】ですが

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
fc2カウンター
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR